看護部
  1. ホーム
  2. 看護部

診療科目のご案内

当院のキーワードは「心と心のふれあい」

明るく楽しい雰囲気と温かい看護で、患者さまとのふれあいを大切にしています。

看護部の理念

  1. 植木病院の看護部は、病院の理念を基盤として、地域社会のニーズに適した看護を提供します。
  2. すべての患者様に対して、思想信条の自由を尊重します。
  3. 看護専門職として、その本質を追及し主体性のある看護を目指します。
  4. 医師及び、他部門との連携を図り、信頼関係を築き、目指す目標に向け最善を尽くします。
  5. 病院の健全経営に、積極的に参画します。
  6. 職員としての誇りを持ち品格を高め、心身の健康の増進に努め、業務遂行における責務を果たすために必要な自己能力の開発に努めます。

看護部の教育・研修計画

厚生労働省、日本看護協会等主催の研修会に積極的に参加。
院内教育は、年間スケジュールをきめ、開催しています。

看護部の目標

救急医療に対応でき、地域に貢献し、心のこもった看護を提供する

  1. 保健医療チームの一員として知識・技術を生かし、看護・介護を安全に実施します。
  2. 個々のニーズを適確にとらえ、看護過程を展開します。
  3. 他部門とのチームワークによる連携により、効果的な治療環境を提供します。
  4. 看護職員として自己能力を磨き、その能力を有効に発揮できるように、自ら環境を整えます。
  5. 経済性を考慮し、効率の良い看護を提供します。

平成27年4月1日改定

平成27年度 看護努力目標

平成27年4月1日

  1. 患者様一人ひとりに、心のこもった最適な看護を提供します。
  2. 環境を整え、自ら学ぶために考える力を伸ばし、成長します。
    *自己の看護実践能力における発達段階を知り、必要な研修を受けます。
  3. 他部署との連携を図り、事故の無い安全な医療を提供します。
  4. 職員として、6つの無駄をなくし経費節減を目指します。
    *無駄話 *無駄なコピー *無駄な電気 *無駄な行動 *無駄な時間 *無駄な物品請求

教育目標

看護研修看護研修

主体的に看護を実践し、自己の看護能力を発揮する

  1. 看護過程を展開し、個別的な看護を継続的に実践できる。
  2. よりよい看護を実践するために必要な、リーダーシップを取ることができる。
  3. 医療チームの一員として専門性を確立し、ケアマネージメントができる。

会議・委員会一覧


・師長会議
・主任会議
・教育委員会
・業務委員会
・プリセプター リーダー会議
・褥瘡チーム看護委員会
・医療安全チーム看護委員会