1. ホーム
  2. 病診連携ネットワーク

病診連携ネットワーク

第8回
堺・黒土病診連携ネットワーク

平成29年3月18日土曜日に当院主催の第8回堺・黒土病診連携ネットワークを開催致しました。この会は当院と地域の先生方を結ぶ大切な勉強会です。今回も多くの先生方にお越し頂き盛況のうちに終えることができました。

当院からは循環器内科の河本部長が当院での心臓カテーテル検査の紹介をさせて頂き、岡崎副院長は「HIV感染患者への医療と看護」について当院での取り組みを発表いたしました。ポスター発表では肝胆膵内科、外科そして看護部の発表を行いました。

特別講演には福井大学医学部の山内高弘教授にお越しいただき、「がんの話・痛風の話」というタイトルで講演いただきました。織田信長のスライドを指して、『痛風は日本には無かった病気?!』と語られました。しかし今では30歳代の男性の約1/3は高尿酸血症を発症しているのだとか・・・この違いにはやはり食事内容、生活習慣が大きく関与しているようです。発症すると耐えられない痛みに苦しむ痛風。新しい薬剤の開発と高尿酸治療の最新のガイドラインについてお話しいただきました。また最近では高尿酸血症と循環器疾患との関連も示唆されているというお話も興味深いものでした。

■診療科案内

座長 : 内科副部長 田中淳二

当院におけるHIV感染患者の医療と看護
演題1当院の循環器内科におけるカテーテル検査と治療循環器内科部長 河本 巖
演題2呼吸器内科部長 岡崎 浩

■ 特別講演

座長 : 院長 植木孝浩

がんの話・痛風の話福井大学医学部病態制御医学講座内科学(1)教授 血液・腫瘍内科科長
山内高弘 先生

■ ポスター発表

当院の肝胆膵内科での肝炎治療の経験 肝胆膵内科 医長 寺垣 聡
治療に難渋した後腹膜膿瘍の一例 外科部長    文野峯健
院内看護研究発表会から優秀演題の供覧
心臓カテーテル検査がはじまって -安全な検査にするためにー

看護部 外来  東中川美智子

参加いただいた先生方、ご協力いただいたスタッフ皆々様に感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

第7回
堺・黒土病診連携ネットワーク

平成27年11月21日土曜日に 当院主催の第7回堺・黒土地域連携ネットワークを開催致しました。この会は当院と地域の先生方を結ぶ大切な勉強会です。今年はサンスクエア堺での開催となりましたが、多くの先生方そして当院のスタッフも参加して盛況のうちに終えることができました。

当院からは呼吸器内科の岡崎副院長と循環器内科の河本部長より当院診療内容の紹介をさせて頂き、ポスターでは消化器内科、外科そして看護部からの発表を行いました。

特別講演には岩手医科大学医学部の櫻井滋教授にお越しいただき、“睡眠行動医学”について熱く講演いただきました。締めくくりにはTake Home Messageを頂きました。

「睡眠は「「自分のもの」」なのに、自分の思い通りにはならないものの代表的な一つ。その意味では「「人生」」や「「命」」と似ている。
・・・中略・・・
あなた自身が自分の眠りをどうにかしようとすれば、「「覚醒中の行動」」を調整するしか無いのである。このためには睡眠の12か条が助けとなるでしょう。」

■診療科案内

座長 : 内科副部長 田中淳二

演題1植木病院 呼吸器診療の実際呼吸器内科部長 岡崎 浩
演題2植木病院 循環器診療の実際循環器内科部長 河本 巖

■ 特別講演

座長 : 副院長 岡崎 浩

睡眠行動医学とは何かー“眠れない”“眠気が強い”への対応岩手医科大学 睡眠医療学科 教授
櫻井滋 先生

■ ポスター発表

胃癌術後7年目に発生した男性乳癌の一例 外科部長 文野峯健
診断・治療に苦慮した肝腫瘍の一例 内科 三井絵里子
院内看護研究発表会から優秀演題の供覧 外来 中辻麻実子・福本小百合

参加いただいた先生方、ご協力いただいたスタッフ皆々様に感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

第6回
堺・黒土病診連携ネットワーク

平成26年10月25日 堺市産業振興センターにおいて第6回堺・黒土病診連携ネットワークを開催いたしました。今回も多数の先生方にお集まりいただき、活発な討論が行われました。

今回は一般演題として、消化器内科 田中副部長より『当院における消化器内視鏡診療の現状』を報告致しました。「先生方から、いかにスムーズに患者様をお引き受けできるか、いかに正確で安全な検査・診療ができるかなど、院内の内視鏡チームで検討を繰り返しています。患者様にも先生方にも満足いただける診療を提供したいと考えています。」

また教育講演を前に、市立堺病院 呼吸器内科副医長 大田加与先生にお越しいただき、 COPDのトータルケアと題して、治療における理学療法の重要性についてご講演頂きました。そして教育講演として金沢医科大学 呼吸器内科学 教授 栂 博久 先生をお招きして『COPDの診断と最新の治療』と題してご講演をいただきました。大田先生の講演と栂教授の教育講演で、COPDについての知見を深めることができました。


■一般演題

座長 : 外科部長 文野峯健

演題1当院における消化器内視鏡診療の現状 内科副部長 田中淳二
演題2COPDのトータルケア地方独立行政法人 堺市立病院機構 市立堺病院
呼吸器内科 副医長 大田加与 先生

■ 特別講演

座長 : 副院長 岡崎 浩

COPDの診断と最新の治療金沢医科大学 呼吸器内科学 教授
栂 博久 先生

■ ポスター発表

第6回院内研究発表会抄録集 
院内情報誌 『みのんだ だより』 の 紹介 

今回も多数の先生方に参加いただきまして誠にありがとうございました。

第5回
堺・黒土病診連携ネットワーク

平成25年11月30日 堺市産業振興センターにおいて第5回堺・黒土病診連携ネットワークを開催いたしました。今回も多数の先生方にお集まりいただき、活発な討論が行われました。

今回は一般演題として、現在当院で行われているチーム医療の中から医療安全委員会の転倒防止の取り組みについて、副院長・呼吸内科部長より喘息治療の最前線と題して報告致しました。また教育講演として大阪市立大学 整形外科学教授中村博亮先生をお招きして「腰痛診療の診断とピットフォール」と題してご講演をいただきました。


■一般演題

座長 : 外科部長 文野峯健

演題1当院での転倒転落への対策と取り組み( 院内医療安全委員会の取り組みから ) 整形外科部長 中本俊毅
演題2喘息治療の最前線副院長  岡崎 浩

■ 特別講演

座長 : 整形外科部長 中本俊毅

腰痛疾患の診断とピットフォール大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科学
教授 中村博亮 先生

■ ポスター発表

当院での訪問看護・訪問診療への取り組み在宅診療部   内科 遠藤達治
第5回院内研究発表会から手指衛生について 外来    辰巳真美・伊津聡美

今回も多数の先生方に参加いただきまして誠にありがとうございました。

第4回
堺・黒土病診連携ネットワーク

平成25年2月2日 堺市産業振興センターにおいて第4回堺・黒土病診連携ネットワークを開催いたしました。今回も多数の先生方にお集まりいただき、活発な討論が行われました。

今回は院内からの報告に加え、堺市東区で開業されている太田俊輔先生より診療所における緩和医療について講演を頂きました。そして教育講演として兵庫医科大学 外科学講座 教授 藤元 治朗先生をお招きして「肝胆道疾患の外科治療」をテーマにご講演をいただきました。また今回は看護部が中心になって今年で4年目を迎えた院内研究発表会から、2つの演題をポスター形式で展示発表を行いました。病院でのスタッフの取り組みも先生方にご紹介できたかと考えています。


■一般演題

座長:外科部長 福田康文

演題1当院で行っている治療的気管支内視鏡演者:植木病院
副院長 岡崎 浩
演題2診療所における緩和医療の注意点演者:太田医院
院長 太田俊輔 先生

■教育講演

座長:植木孝浩

肝・胆道疾患の外科治療演者:兵庫医科大学 外科学講座 肝胆膵外科
主任教授 藤元治朗 先生

■ポスター発表

当院看護研究発表会から ポスター発表

看護部総師長 米本信子

在宅医療部 在宅医療ってどんなお仕事主任 高田恵子
栄養科栄養科見える化計画 栄養科 科長

今回も多数の先生方に参加いただきまして誠にありがとうございました。

今後の予定
平成25年 11月ごろ 第5回目を開催予定です。詳細は改めて告知いたします。

第3回
堺・黒土病診連携ネットワーク

平成23年12月10日 じばしん南大阪において第3回堺・黒土病診連携ネットワークを開催いたしました。今回も多数の先生方にお集まりいただき、活発な討論が行われました。

今回は院内からの報告に加え、中百舌鳥駅前で開業されている山縣優子先生より睡眠時無呼吸症候群について講演を頂きました。病診連携ネットワークにふさわしい企画ができたと考えています。そして教育講演として京都大学 呼吸器内科学 教授・医学部付属病院 院長 三嶋理晃先生をお招きして「COPD」をテーマにご講演をいただきました。

■一般演題

座長:岡谷敦仁

演題1当院で行っている鼡径ヘルニア手術について演者:植木病院
 外科副部長 文野峯健
演題2睡眠時無呼吸症候群(SAS)について演者:やまがた呼吸器内科クリニック
 院長 山縣優子先生

■教育講演

座長:岡崎 浩

COPD治療の最前線 演者:京都大学大学院医学研究科 呼吸器内科学 教授
京都大学医学部付属病院 院長
 三嶋 理晃 先生

今回も多数の先生方に参加いただきまして誠にありがとうございました。

今後の予定
平成24年 11月ごろ 「肝胆膵外科」をテーマに第4回目を開催予定です。詳細は改めて告知いたします。

第2回
堺・黒土病診連携ネットワーク

平成22年3月14日 じばしん南大阪において第2回堺・黒土病診連携ネットワークを開催いたしました。

今回は、院内から肝疾患とリウマチ疾患の2演題、そして、教育講演として兵庫医科大学 内科学 上部消化管科 教授 三輪洋人先生をお招きして「胃がんとピロリ菌」をテーマにご講演をいただきました。演者・フロアー一体となった活発な意見交換が行われました。

■一般演題

座長:岡崎 浩

演題1ウイルス性肝疾患に対する治療-抗ウイルス剤の適応について-演者:植木病院
 内科医長 平井健一
演題2リウマチ性疾患の診断について演者:植木病院
 内科医長 黒岩孝則

■教育講演

座長:田中敬一郎

胃がんとピロリ菌  ~アジアのなぞを巡って~  演者:兵庫医科大学 内科学 上部消化管科 教授
 三輪洋人 先生

今回も多数の先生方に参加いただきまして誠にありがとうございました。

今後の予定
平成23年 3月ごろ 「呼吸器」をテーマに第3回目を開催予定です。詳細は改めて告知いたします。

第1回
堺・黒土病診連携ネットワーク

去る5月16日土曜日に、「第1回堺・黒土病診連携ネットワーク」と題して、当院主催の勉強会を行いました。

同日はあいにくの天候にもかかわらず多くの先生にお越しいただきました。

一般演題として、当院の外科における内痔核へのALTA 療法 と、呼吸器内科の症例提示3例を報告。
そして教育講演として、近畿大学堺病院 呼吸器内科学教授 長坂行雄 先生に「喘息発作を出さないコントロール法」を講演いただきました。

第一回目はテーマを「呼吸器疾患」とし、長坂先生をお招きしましたが、今後も当院の診療内容からテーマを提示し、地域の先生方とともに継続していきたいと考えています。